RYTとは

米国で設立され、世界50ケ国以上で認知されている最大規模のヨガ協会。クオリティの高いインストラクターを養成するために知識、練習にある一定水準を定め、その向上を常に促進するヨガ協会です。

協会の定める基準に基づいたヨガ・ティーチャー・トレーニングを、認定されたヨガスクール(RYS=Registered Yoga School)にて規定の時間を受講することにより認定書が発行され、希望者は全米ヨガアライアンス認定のインストラクター、RYT(Registered Yoga Teacher)として登録する事が出来ます。

協会に登録されると、認定ヨガ指導者 RYT(Registered Yoga Teacher)として、活動することができます。

※但し、資格はあくまでも資格に過ぎず、アライアンスの認定を受けたからと言って講師のスキルが確証されるものではありません。

当スクールは卒業後のCertificate(修了認定書)の発行、アライアンス登録のフォローアップはしますが目的は受講者が真の実力を身に付けて今後の人生をより豊かにして頂きたいという思いです。 卒業後もいつでも戻ってこれるホームタウンのようなスクールでありたいと願っています。

RYT200ヨガインストラクター養成スクール

スクールのポイント

  • 経験・知識豊かな講師陣
  • 解剖学の専門講師
  • 医療従事者による講義
  • 遠足やリトリートで外ヨガ体験
  • サンプルクラス導入で実践経験
  • 卒業後のメイン講師によるメンター制度
  • スタジオオーナーによるフォローやバックアップ
  • 当スタジオでのドネーション体験
  • カルチャー、レンタル場所でのクラス開催へのバックアップ
  • 当スタジオで講師補講や出張レッスン依頼を優先的に斡旋

RYT200ヨガインストラクター養成スクール

講座内容

Asana アーサナの分析と応用/ティーチングテクニック

(アーサナの基本から応用までの実践と分析、アジャスト法や安全な指導方法)

Teaching Practice サンプルクラス(指導実践・教育実習)

(一般の方に指導する経験を積み卒業後すぐに生かせるスキルを身に付ける)

Pranayama,energy  調気法・呼吸法・エネルギー体

(チャクラ・バンダ・ナディ・浄化法等についての実践や理論)

Anatomy & Phisiology アーサナ・呼吸・生活や不調においての人体への知識

(骨格・筋肉・関節・自律神経・脳・ホルモン、東洋医学と西洋医学を専門分野の先生から学べ、実生活にも生かせる解剖学)

History  ヨガの歴史(ヨガの重要な書物や現代のヨガに至る背景)

Philosophy ヨガ哲学(自己実現や心理学)

Meditation 瞑想法と実践・リストラティブヨガ

(自己解放に向けてのトレーニングとそれらのティーチング方法)

Ayurveda 生活に生かせるアーユルヴェーダ(インド伝統医学)・食事・体質解析

Accommodate Specific Groups マタニティ・シニア・ハンディキャップ・キッズ等

(専門的なヨガの種類についての理解と実践)

Method レッスン構成法・講師としてのライフスタイル・ヨガビジネス

(たくさんある流派の意味と理解・卒業後の活動方法や独立に向けて必要なノウハウ)

Others マントラ・プロップ使用法・課外授業(山ヨガやビーチメディテーション・キャンプ等※季節や人数により場所は変更)

Test アライメント・筆記 試験

Jun☆aのRYT