自然の中で過ごすと健康効果が凄い理由

RYT200養成講座リトリート



2017年春の講座がスタートして早くも2か月が過ぎました。

JunaのRYT講座では自由参加ですが、高原リトリートのプログラムがあります。

日常から離れ、仲間とヨガや雑談を楽しみ、森林ウォーキングや、温泉も楽しみます。

今回も2日間ともお天気が良くとても気持ちのいいヨガタイムになりました。

殺菌効果「フィトンチッド」


RYT生達は先生が引くくらい、フカフカの芝生にテンションMAX(笑)

皆さんは裸足で歩く事ってありますか? 大地の上を足先で感じ、思わず深呼吸をしてたくさん

空気を吸いたくなるほど気持ちがいい中でのヨガって 最強ですね~

心身がいつもよりのびのびとリラックスし呼吸も深く入って胸が開いていく

のを感じることができたと思います。

これは芝生や周りの木々の緑色という色から安心感を感じる心理的効果があります。

そして草木のあの柔らかな温かい匂い♪ 樹木から発散されている「フィトンチッド」

という成分には 自律神経を安定させたり殺菌効果があります。

植物が出すフィトンチッドは呼吸をすることで血液中に吸収され免疫系に

働きかけナチュラルキラー細胞を活性することで、 抗がんタンパク質も増やすことが確認されており、

予防医学的な効果が期待されています。 実は私は近頃の光化学スモッグや黄砂の影響で

午前中の神戸のレッスン中鼻がジュルジュル出てたのが嘘のように、高原についた時には止まりました。

 

太陽(日光)の効用


朝ヨガでいっぱい日光を浴びて鼻洗浄もしました。

下の写真は、塩水で鼻を浄化するジャラネティを実践しています。

皆さん面白いくらい反対の鼻から水が出ると、

早朝にもかかわらず、キャッキャと子供の様にはしゃいでいました(笑)

鼻がス~っとすっきりでしたね✧

朝太陽の光を浴びると、セロトニンという神経伝達物質がたくさん分泌され、

体内時計や血圧を調整してくれます。 ビタミンDも形成され、認知予防や骨が強くなり、

皮膚の殺菌もしてくれるのですよ~ ガン患者、糖尿病、アトピーなどの病気の方々の体温は、

低体温の人が多いと言われています。 日光に当たるというのは、体温を上げて免疫力を上げる、

という意味でも重要なんです。 太陽の光を浴びる事は日焼けで皮膚がんになる確率よりもはるかに

メリットが多いのです。

 

1/fゆらぎ


午前中は、木陰のメディテーションタイム。 鳥の声や、小川のせせらぎや、波の音や風の音…

「規則的」なものと「不規則」なものが調和した状態を「1/fゆらぎ」と言います。

自然界にはこの1/fゆらぎが多く存在し、人がこのリズムに触れると同調し、

非常に心地よく安心感を得ることができるのです。

 

マイナスイオン?


 

鎮痛作用・精神安定・アンチエイチング・免疫力向上等様々な疾患に有効であると言われています。

しかし,マイナスイオンの正体は不明であり,効果についての科学的な根拠は存在しませんが

確実に癒され、リラックス効果が体感できるのでまだまだ研究途中の様です。

マイナスイオンはあるのかないのかわかりませんが、

緑や降り注ぐ日光や美味しい空気の中で 行なうヨガはとても楽しかったですね♡

いつも穏やかなRYT生達ですがより穏やかで目じりも下がりっぱなしでした♪

星空を見上げたり、森の中をお散歩したりエネルギーチャージが出来た2日間でしたね。

皆さんも日々の疲労やストレス改善やアンチエイジングに、

森林浴やビーチヨガ、船上ヨガや朝ヨガやヨガトリップはいかがですか?

Jun☆aのイベントもチェックしてくださいね~♪

自然の恵みや、支えて下さっている皆様に感謝の気持ちを込めて…

☆HariOm हरिओम☆