ヨガインストラクターが副業におすすめな理由☆

 

はじめは自分の体質改善や、趣味で通っていたヨガ。気がつけばヨガの講師として働いていました。

私も含めそんな講師が多いのは何故でしょうか?

 

趣味や自分磨きの延長で学べる

 

講師としての哲学や身体の使い方や解剖学等、自分自身のヨガを深めたり身体によい事を学びます。

もちろんクラスに通って受講していればヨガの気持ち良さやリフレッシュ感を味わい、体力作りにも効果を感じますよね。 そこに+αで家族や夫婦やお友達、周りの人にもシェアできる知識が身につきます。

 

 

空いた時間を利用して自分で出来る

 

フルタイムで働いている人も、専業主婦の方も自分の都合の良い時間で自宅やレンタルスペースなどですぐに始めることが出来ます。

もちろん、集客などを考えると地域や年齢により集まりやすい時間などありますが最初はお友達や知り合いやよく熟知しているご近所から始めましたという人が多いです。

マットさえあれば(無くても)、どこでもいつでもできるのが魅力の1つです。

 

Junaで養成講座で学ぶ方の殆どが、本職が全くヨガと無関係の方です。 今回の受講生に至っては、この講座が初めてのヨガ体験といった方もいました。

昨日はそんな彼女のRYTの卒業検定(初めて一般の方に教えるクラスです)がありましたが期待を上回る成長ぶりで、受講者の方にも 「楽しかったです。また受けたいです」と言って頂けました。

 

 

年齢制限や男女の制限がありません

 

何歳で始めようと何歳に伝えようとヨガに定年はありません。

むしろ高齢でも現役で活躍されている講師はたくさんいます。

98歳でヨガ講師の現在も活躍するTao Porchon-Lynchさん

フランスとインドのハーフであるTaoさんがヨガを始める時、当時ヨガは男性がするものであるという考えがあり、

家族は「女性がすることではない」と反対していたそうです。

けれど彼女はめげるどころか、「男ができることなら、私にもできるに決まってるわ」。

と言い放ったそうです。そして8歳から90年間もヨガを続けています。

そんなTaoさんの大切にしている考えのひとつが以下の言葉です。

たくさんの人と出会って、愛しなさい
誰かと一緒に笑うこと、「愛してる」と伝えること、抱きしめ合うことで、人生は豊かになる。

 

参考:LATEST POST

 

忙しくてもイキイキとした自分らしいライフスタイルへ

 

身体によい事だけではなく、心に良い事が多いのがヨガの最大の魅力。

スタイルをキープしつつ 安定した精神力を磨き続けることが、

ヨガの講師の若さの秘訣だと思います。 世の中楽しい事ばかりではありません。

嫌な事があった時どう捉えると楽に生きられるのか… 忙しくて心が落ち着かない時どうすれば良いのか…

そんなお勉強もJUNAのRYTでは力を入れています。

RYTで出来た仲間も同じ趣味や志を持った大切な宝物となります♡

 

とにかく好きな事を学べる楽しさがやみつきに

 

実はヨガインストラクターは資格が無くても出来るのです。

ですが、お金を頂いて教えるという行為を目指すなら、最低限のルールや知識を学ぶべきですよね。

 

しかし最低限の知識を学び、ヨガの講師になった方で資格取った後に、「もう学ぶ必要はないわ」と言ってる人を見た事がありません。

RYT200の養成講座の卒業が間近ですが、毎度みんながもっと知りたい、もっと続けたいと卒業するのを悲しむ様子が 伺えます。

卒業式の日も決まってみんな「来週も来ちゃいそう💦」と言っています(笑)

学ぶ楽しさや仲間との時間がかけがいの無い宝物になっているのだと思います。

JUNAのRYT生は卒業しても皆それぞれ大好きなヨガの勉強を続けています。

スタジオに時々遊びに来てくれたり、勉強会に参加してくれたり、

無理をしているのではなく、自分自身が学びたいから学んでいるのです。

卒業してもスタジオに戻ってきてくれるのは講師としてもとても嬉しいです♡

そもそも、どこで学ぶべき?それは説明会などに足を運んで直接スタジオや講師と話す事やクラスを体験する事をお勧めします。

 

資格が必要ない人も

 

スタジオJUNAでは過去にRYT200の資格をすでに取った方のリテイク受講や

資格が必要ないけど勉強をしたいといった方の割引制度も設けています。

更に深めたい方も、少し勉強してみたい方もご遠慮なくお問合せ下さい。

 

ヨガが大好き、ヨガを好きな自分も大好き

 

もともとなんとなくで始めたヨガですが、

今は伝える事の幸せやヨガをしている時間の大切さを更に感じています。

実は私も副業から始めて今はヨガの講師が本業になっています。

副業と本業の時間配分が入れ替わったといった方が正確かもしれません。

ヨガのレッスンはほぼ毎日あり、それ以外にも仕事をしていますが、

無理をしない、自分自身を大切にするというヨガの哲学を学び、

忙しくても毎日を大切に、今この瞬間を大切に過ごしています。

そして忙しいからこそヨガが必要なんだと思っています。

 

きっかけは何でも構いません。興味をもって頂いた方はお気軽にお問合せや説明会へお越しくださいね♪