プラチャハーラ Pratyahara

みなさん こんにちは!
いかがお過ごしですか?

子供たちは夏休みを満喫中ですね。私の住んでいるマンションでも植栽にむらがった蝉を虫アミでつかまえてははしゃいでいました。先日のクラス中、ある女性が「蝉の声を聴くだけで暑くなる気がします(*´Д`)」と。私もウンウン頷いて、不思議なものですよねーと。風鈴の音や川のせせらぎの音を聴けば「涼しくなった気がする」そう、「気がする」んです。見ようとしなくても、嗅ごうとしなくても、聴こうとしなくてもその感覚器官が働く限りはその情報をキャッチしてしまう。キャッチされてしまえば、何かしらの心の動きが沸き起こってくる・・・・。普段の私たちの生活はそんなことを繰り返しています。

ヨガの8段階の6番目。プラチャハーラは日本語では制感と呼びます。

ヨガスートラには
「諸感覚器官がそれぞれの対象に結びつかず、
あたかも心素(チッタ)自体に
似たものの如くになるのがプラティヤハーラである。」
とあります。
分かりにくいです(*´Д`)。

「心を何ものにもとらわれない状態にする」
と言うと分かりやすいのでしょうか。

自分の内側に高く意識を集中させた状態。邪魔されない状態。
アーサナで身体を働かせ、呼吸でエネルギーを満たした後に起こる平穏な心の状態。

私のメンターである先生は

子供が遊びに夢中になって「ご飯よー!おうちに帰ろうー。」の声も聴こえず時間をも忘れるような境地♪
と言い換えてくださいました。

求めなくても次々に起こってくる外側からの刺激や情報に不必要に悩まされることなく、子供のような(?)心で過ごせると良いですね(v^ー°)♪

写真は兵庫は丹波の畑です♪夏野菜の収穫に行った時に青ガエルがひょこひょこと。これも子供が夢中で追いかけていましたね。
20140720_101257

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL