中医学とヨガ

朝の陽ざしがあまりに気持ちよかったので、高台の神社までお散歩という名のプチ山登り。

梅の花の甘い香りに迎えられ、やさしい春の訪れを五感で味わってきました。

 

 

 

《お花見》や《新生活》などワクワクを連想する【春】ですが、中医学では『肝』と深い関わりがあり、『肝』は『怒』の感情と関連しているとされています。 

『怒』が長く続くと『肝』に不調を来し、逆も然り。

氣が上昇すると、怒りっぽくなったり、イライラしたり、頭痛,めまい,充血,耳鳴りなどの症状も起こりやすくなります。

 

そんなネガティブ情報満載の【春】ではありますが(笑)、適度なリラックスを心掛けることで不調を未然に防ぐことができます。

 

まさに、ヨガのお得意分野です!

 

・深い呼吸で心のスピードをスローダウン

・心地よいストレッチによる緊張の緩和

・今この瞬間の自分と繋がり思考から離れる時間

 

日常生活は意外と真逆だったりするので、意識的にこうした時間を作ることはとても大切ですね!

 

 

さらに、氣の流れをスムーズにするには、柑橘系の香りも効果的。

 

「ちょっとイライラするなぁ。。。」と感じたら、柑橘系アロマをディフューズしながら軽くストレッチするなど、日々のコンディショニングで快適な春を過ごしましょう!