あれから24年

2019年1月17日木曜日阪神大震災から24年が経ちました。スタジオがオープンしてからは毎年この「1.17のつどい」に行かせてもらっています。

あの出来事で亡くなった方々の鎮魂と自分自身で原点に回帰するために。先日も六甲道の復興のドラマを見て昨日の事の様に思い出されました。

私は震災の日は別の場所で暮らしておりました。かなりの揺れに襲われ目が覚めました。すぐテレビをつけると阪神高速道路が倒壊した映像でした。すぐには理解ができずに映画の一場面を見ている感じでした。

場所を見てみると1週間前通ったあの高速道路でした。

何度も実家に電話をしましたが・・ずっと不通で繋がりません。昼前にやっと繋がりました。家の中はタンス等が倒れているが無事との事でした。

それから1週間後、阪急西宮北口で自転車を借りて実家へ向かいました。道は隆起したり、あちこちに倒れた家屋があり・・2時間ぐらいかけてやっと実家に辿り着きました。

実家の周辺は山の方で岩盤が硬く比較的、被害が少なかった様です。

前の日まで何もなく通常の日々がありましたが一瞬で色々なものを奪っていった震災。神戸であの震災が起こったことを忘れずに日々を大切に生きて行かなければなりません。

 

ヨガには「つなぐ」と言う意味があります。繋ぐのは人と人だったり、ご縁だったり。色々な意味が含まれています。

人間は健康でなければ心底、楽しんだり、思いっきり身体を動かしたりすることはできません。体調に不安があったり、心が沈んでいると気持ちを維持するのは大変になります。

このヨガスタジオを始めたのも自身の不定愁訴からです。少しでも神戸の人達が健康で楽しい生活ができるように又、健康不安で困っている方に届けばいいなと思っております。

ヨガはお腹にいる妊婦さんから小学生、高齢の方々でもすぐにでも始めることができます。それも自分の体を使って。ヨガは医療ではありませんが自分自身で「心と体の状態」を

知り、その原因を取り除いたり、軽減できる先人からの贈り物です。この素晴らしいヨガを必要な人々へ”つなぐ”これが私たちの目的です。

スタジオjun☆aでは、これからもヨガを通して皆さんが生き生きと笑顔で毎日が送れるように少しでもお手伝いができればと思っております。

 

*写真は神戸市が「1.17の記録」と言う形で公開されているサイトからお借り致しました。その当時のリアルな写真がアップされています。