全米ヨガアライアンスとは

lgf01a201308250000

全米ヨガアライアンスとは

(米国では全米という言い方はせず、Yoga Alliance と言います)90年代にUnity in Yoga という団体とthe Ad Hoc Yoga Allianceという2つのヨガ団体が合併し米国で設立されました。認定スクールでの指導者を育成する際に、一定時間と一定のカリキュラムを設け、その基準を満たした人に∗¹認定校から認定証が発行され、Yoga Allianceへの∗²登録資格が与えられる仕組みになっています。現在は世界70か国以上でこの資格を保有している講師が活躍しています。
アメリカ国内で18,800名以上、日本でも400名以上が登録しています。

指導者を育成する講師はE-RYTといって、200時間以上のトレーニング受講を経て、最低2年間の指導と1,000時間以上の指導経験がなければいけません。
養成のカリキュラムの内容は実践技術(100時間)、指導技術(25時間)、解剖学(20時間)
哲学(30時間)、練習(10時間) +その他の課題をクリアする必要があります。
∗¹世界各地にこの同協会から認定されたスクールが点在します。日本でも多くはないですが、少しづつ増えてきています。

∗²Yoga Alliance協会へ登録費用を支払い認定校の認定書を提出(現在はWEBで認定校の承認を貰う)すればRYT(Registered Yoga Teachers)と呼ばれる認定資格が発行されます。

 

登録費用

2015年現在で、初期登録費用が$45、年間登録費用が$55の計$100。

全て英語での申請ですが卒業認定証を発行後苦手な方はお手伝い致しますのでご安心ください。

受講期間はスクールによりバラバラですが、ひと月の集中型や週末の通学制等がありますので自分に合ったスクールを選びましょう。

当スクールは日曜開催の通学生を起用していますので長期休暇が取れなくても通学制ならお仕事を休まずに時間をかけてじっくり学ぶ事が出来ます。

海外での取得も人気ですが日本とどちらが良いのでしょうか…!?
どちらも経験した私の個人的な意見ではありますが…

海外には日本にはない非日常感や刺激はあるので確かに魅力的です♡講師も選ぶスクールによっては本当に質の高い先生に教わる事が出来ます。

ただ、言葉が通じないと理解が遅れ、通訳して貰ってもその時間分のロスはあるのも現実ですし、日本人特有の繊細さや正確さを求めたいのであれば日本での取得がお勧めです。

当スクールは海外各地で学んだ日本人講師ですのでどちらの条件も満たすことが出来ます。厳しいばかりが良い経験とは言えませんし、ただ資格を取るために時間を費やすのも勿体ないですよね。
時に厳しく、そして解りやすく、ワクワクするような時間を共有して頂けたら幸いです。

海外ほどの解放感は無いですがその分と同じくらい楽しいヨガライフを経験して頂きたいと講師一同ワクワクしています。

是非一度説明会や体験lessonへお越し下さい♪

RYT養成講座の説明会は神戸、元町のJUNAスタジオにて7月・8月と行っています。

説明会お申込みはこちらまで⇒ https://goo.gl/3PE8qq

写真: The Well Report

“全米ヨガアライアンスとは” へのコメントが 1 件あります。

  1. 全米ヨガアライアンスとは | HiKaRi Yoga

    […] JunaのHPにて詳細をご確認くださいね。 […]

コメントをどうぞ