変化

運命的な事が起こりやすい期間



著作者:ZedLord-Art
皆さんは、天体の現象で、人間の運命や将来に影響があると思いますか?

信じるか信じないか自分次第ですが、意外と統計学に基づいて伝えられてきた

事が多く私は個人的に好きです♪

2/18は暦の上では二十四節気のひとつ「雨水」と言われています。

蒔いた種が万倍になる一粒万倍日でもあり、

寒い冬(雪)から春(雨)へと変化する時期。

エネルギーの変化の時期でもあり体調を崩していた

人も多いのでは?この時期に体調を崩すのはデトックス

の意味があるそうです。

そして、2月19日午前4時33分ごろ射手座にて下弦の月です。

下弦の月とは月の欠け際が下を向く事です。

この下弦の月は手放しの月と言われていて、明日22日をピークに

19日から26日の新月までの間に運命的な事が起こりやすいと言われています。

新しい私に生まれ変わる為に新しい選択や変化をしていく時期です。

自分の価値観で理由を付けて諦めていた事や、誰かのせいや時間のせいにして

諦めていた事や言い訳を手放し

本当になりたい自分に、やりたい事に出会ったり気づく時。

そしてその下弦の月19日にRYT養成講座の卒業式前最後の講義がありました。

変化した事


残すところ、来週の卒業式とヨガビジネス講義のみになりましたが、

RYT養成講座の受講生に、「この講座を受けてから変化した事」について

それぞれお話をして頂きました。

「怒りがコントロールできるようになって、少なくなってきた」

「色々と受け入れられる様に変化してきた」

「ますます学ぶのが楽しくなってきた」など…

全員プラスの方向へと変わって行ったことを話してくださいました。

結果ではなくプロセスが大切


人の脳はルーティンに安心を覚える傾向があります。

いつもと同じ道を通る。いつもと同じメニューを注文する。

いつもと同じ友人と過ごす。

そこに安定や安心はあるけれど、新しい味や新しい道や

新しい出会いとは遠ざかってしまい、大きな発見や変化を得るには

かなり大きな偶然に出会わなければいけません。

そして私たちの脳は、失うことが大嫌いです。何かに感情的に没頭した時ほど、

変化は難しくなります。なぜなら、それまでに費やした時間と労力を無駄にしたくないからです。

だからこそ、内心では上手くいかないと感じているプロジェクトや恋愛であっても、

あきらめるのに苦労してしまうのです。

今までの時間がすべてが無駄だったと思いたくないからです。

実際には、経験や出会いや色々な必然が起きていて時間は無駄になってなどいません。

でも私たちはその時間を、必然的なプロセスと捉えることが出来ず結果に、費やした

時間に執着してしまいます。

「もし変化の過程で失敗したら」「誰かに迷惑をかけてしまうのでは」

と不安に思うなら今の場所でずっと居続けるしかありません。

しかしその場所が必ず安全であるという保障はなく、

時間や人のせいにして諦めた事はいつまでも心を縛り付けます。

不安や失敗からは大きな気づきを得ることが出来ます。

何よりも変化の過程やプロセスがとても私達を成長させてくれます。

来週で卒業を迎えるRYT生達ですが、チャレンジする事を恐れず

いつでも臨機応変に対応できる力や引き出しをこの先も増やし

、前進し続けてほしいです。

そして迷った時はいつでも戻って来てくださいね♡

いつもブログを読んでくださったり、イイネしてくださる皆様、

RYT生を応援してくださっている皆様にも良い変化が訪れますように…☆

☆HariOm हरिओम☆