体質診断(RYT講座)

アーユルヴェーダ(生命の科学)


4

2回目のアーユルヴェータ講義講座で、身体の体質バランスをチェックしました。
アーユルヴェーダは、サンスクリット語の「アーユス(生命)」と「ヴェーダ(知識)」という意味で、インドやスリランカにおける伝統医学です。
私たちのカラダの中には

Vata 「ヴァータ」 水+風
Pitta 「ピッタ」 火+水
Kapha 「カファ」 水+地

に象徴される3つのドーシャが働いていると考えられています。
3つのドーシャはバランス良く平均して持っているのが理想ですが、産まれながら持っている体質をはじめ、
生活環境や年齢などに影響されます。1つのドーシャが過剰になりすぎたりバランスが崩れると、
それらと並行して体調に影響してきます。
過剰になりすぎたドーシャを鎮め、崩れたバランスを取り戻そうというのがアーユルヴェーダの考え方です。
これらの性質や特長などを知り、私たちの生活とどのように関わっているのかを詳しく見ていきました。
ドーシャは1日、1年、一生を通して私たちと密に関わっているのです。

そのドーシャを調べる為に、簡単なチェックシートでご自身の体質を見て頂きました。
ヴァータタイプ、ピッタタイプ、カファタイプ、複合タイプなど。
出た結果は、しっくりくる人もいれば、よく分からない…という人もいらっしゃったと思います。

皆さんももし知りたければ、下記のようなサイトでチェックできるので是非トライしてみてください。
※結果やクエスチョン内容はサイトによっても様々ですのでご了承ください。
ドーシャチェックサイト

出た結果についてははあくまでも参考程度にして、アーユルヴェーダを日々の生活に取り入れ
、どう感じるか、どの様な違いがあるかを毎日よく観察する事で少しずつドーシャのことが分かるようになってきます。

身体の中にある、これら3つのドーシャバランスが崩れることで、体調を崩しやすくなり、放っておくと病気が近づいていきます。
どのように整えれば良いのかは、ご自身の食生活、日々の生活状態を振り返って確認することも大切です。
アーユルヴェーダで言う健康とは、これらドーシャがバランスされている事も一つに挙げられます。

ヨガと同じでアーユルヴェーダも続けることで生活に馴染んできます。
自分に合った方法で少しずつ無理なく長く続けてほしいなと思います。

実践研修


2

3

いよいよ、サンプルクラスに向けてのでもクラスです。回も重ねてインストラクションのテンポ、内容ともにすごくレベルアップしてきています。

初回は6月26日(日)より、皆さまに無料で受講して頂くクラスが始まります。こういった形式のサンプルクラスを

やっている講座は日本では珍しいです。緊張をしながらもより実践に近い形でのクラスを体験することができ

自分のものとなっていくと思います。

もし、体験してみたい方、応援してくださる方は受付にてご予約をお待ちしています。