今年最後のRYT養成講座

呼吸法の試験


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ヨガの呼吸の方法はたくさんありますが、習得するまでに時間のかかる呼吸もありますが、

簡単に普段の生活で取り入れることが出来て、その呼吸を上手く行なうことでより健康的な体を作ったり

リラクゼーション効果を高めたり、することも可能です。他にも、

●リラックすることにより首や肩もリラックスするので、痛みが軽減される。
●体温の調整を行う。
●より多くのエネルギーを得る。
●頭や心をスッキリさせる。
●脂肪の燃焼。

などなど…沢山の効果が期待できる呼吸法ですが、

午前中はその呼吸法の練習ではなくそれを伝える、ヨガ講師としてのテクニックの試験でした。

呼吸法の試験は抜き打ちでまだまだ続くそうです(ΦωΦ)フフフ…

サンプルクラス


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして午後からは、RYT生による無料のヨガクラスでした。

今までのフィードバックを受けて、とても良いクラスでした。

一般の方に教える、それを採点される緊張感はかなりのものです…しかし今後これ以上緊張

する場面は殆どないと思います。経験者の私もあの経験のおかげで今まで色んな山場を

乗り越えて来れたから、きっとみんなもそうだと確信しています。

1月も無料のサンプルクラスを引き続き行いますので、どうぞJuna会員様

RYT生の応援よろしくお願い致します。お時間合う方は、一度

サンプルクラスへ参加してみてください。予約は受付前の用紙にお名前を記入してください。

統合医療とヨガセラピー


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして、午後の今年最後の講座は、シニアやセラピーに関しての講義と実践でした。

統合医療とは、たくさんの病院にかかったけれど、原因不明であったり、繰り返し再発する持病に対して

「原因療法」を中心とした伝統医学や相補・代替医療も必要であるという考え方です。

疾病を治療し症状を緩和する「対症療法」を中心とした近代西洋医学とヨガなどの東洋医学との統合に

より、一人ひとりの最も適切な『オーダーメイド医療』を提供しようとするものです。

統合医療としてのヨガを調査したロンドンに本部のあるヨガ・バイオメディカル・トラスト

では、新薬による効果ですら、この結果にはるかに及ばないという改善報告がされています。

RYT生の中には医療関係や福祉関係のお仕事をされている人が数名います。

講義を行ないながら、皆の質問や意見が講師の私にもとても勉強になりました。

自分と違った意見


lgf01a201310141100

お互いにフィードバックして貰う事が多い月でしたが、皆、講師や仲間の意見を真摯に受け止め、

とても感心しました。人は、自分と違った意見を聞くと少なからず動揺します。

自分が今まで積み上げてきた経験や教わった事と違う意見を聞くと、「自分は間違って

いるのではないか?」と不安になってしまい、否定から入る傾向が出てしまう人がいます。

違った意見が出てきても自分の感情を必要以上に動かされることなく、

「ああ、そんな考え方もあるんだな」と捉えると自分の引き出しが増えると思いませんか?

「三人寄れば文殊の知恵」「衆力功あり」という諺の様に、色んな人や色んな考えがあるからこそ面白く、

それを素直に受け入れられたら、臨機応変にどんな場面でも対応していける力が付くのだと思います。

決して、周りの意見を鵜呑みにしたり、流されなさいという意味ではありません。

これはヨガ哲学で言うアステヤ=不盗にあたりますね…人の言葉や考えを盗んではイケません。

自分の意見や考えをしっかり持った上で他人の考えや意見や経験を尊重する事で得るものが大きく

自分も成長すると思います。

それが受け入れられない場合もあるかもしれませんが、それはそれで受け流しましょう。

もしもあなたが自分とは違った意見を聞いた時にとても動揺するとか、自分は白黒はっきりさせないと

気が済まないタイプであると感じるとしたら、それはあなたの自信のなさからきていることかも

しれません。

今一度自分自身を見つめてみて、自信を高め、よりよい人間関係を持っていくことに役立てくださいね。

このBLOGをいつも最後まで読んでくださり有難うございます。

お時間許すなら1分間で十分です。目を閉じて深く深呼吸しながら、要らないもの、不要な感情を

吐き出してください…

今年のうちに強い拘りや不必要なプライドは捨ててしまいましょう。

皆様が良い新年を迎える事を願って…

☆HarihOm हरिओम् ☆

写真: ePublicist