経験する事の大切さ…

学問なき経験は、経験なき学問に勝る


Experience without learning is better than learning without experience  イギリスの諺です。

知識は大切ですが、文字や想像だけで得た知識は非常に 偏りや先入観が大きく 断片的な知識になります。

逆に、実体験による学びは五感を通して、体全体で吸収し身に付けるのです。

ヨガのインストラクターとして、知識と経験はどちらも大切で、テクニックとスキルもどちらも必要です。

RYT養成講座でその両方を得て欲しいと願っています。

RYT養成講座が折り返し地点に突入


つい先日、RYT養成講座がスタートしたばかりなのに早くも中間地点です。
いよいよ、講師としての実践練習サンプルクラスに向けての練習が始まりました。穏やかでのんびり屋さんのRYT生もお尻に火がついて、とても頑張って練習に励んでいます。
JUNAのRYT200では、他の養成講座と違った特徴があり、実践練習を一般のお客様に無料で受講して頂く機会を設けています。
生徒同士で教え合うより、普段接していない一般のお客様に指導する事で、卒業後初めてクラスを持つ経験をするのではなく学んだことを在校中に講師と仲間に見守られて実際体験し、自信とスキルをアップさせる目的です。
この方法は私がオーストラリアへヨガ留学した際に経験したのですが、体が硬い人や未経験の方が参加するかもという自分の中の漠然とした想像をはるかに超えて難しかったです。殆ど動けない方や不調が深刻な方、そして若い留学生や長年ヨガを練習しているヨギー達が混在したクラスで、考えていたクラス内容もその場で状況判断が必要で、言葉が通じなくデモストレーションの重要さを再確認したりと、失敗を重ね回を重ねるごとにとても成長出来た事を実感しました。

経験をし現場から真理を読み取り、時には失敗をします。だけど失敗から学び得た知恵は生涯忘れる事はありません。

a551671b48eae535e1b5a761235ba4b4_s

沢山の方がサンプルクラスのお申し込みをくださっていますが、是非、温かい目でRYT生たちの成長を応援してください。もちろん私達講師もどのクラスにも参加し補助いたします。
欲目なのかもしれませんが、RYT生の皆は、お互いを思いやり何よりも勤勉なので、素敵な講師へと巣立っていくと思っています。
是非、この機会に体験されたい方は人数に限りがありますので早めに受付前に貼ってあります予約表に希望日にお名前を記入してください。

究極のリラックス


午前午後とティーチングの練習を頑張ったので、午後の最後のクラスはリストラティブヨガの講義と実践。

リストラティブヨガとは
普通のヨガのように、ポーズを積極的に取らずに、補助するプロップというクッションやブロックやベルトなどを使って完全なリラックス状態でありながら、身体の一部を逆転させたり、圧迫と伸展を交互に行なったりすることで、血流を促進させたり、捻じる事によっ身体のバランスや心の不調を改善していくヨガです。脳の働きを鎮め、精神を深く安定させ、究極のリラクゼーション状態を導きだします。妊婦さんやハンディキャップをお持ちのかたでも参加して頂ける手法です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

沢山頑張った分、癒されてほしかったので疲労回復を中心に行いました。次回はもう少し積極的なリラクゼーションを行ないたいと思っています。

ストレス状態の緩和


完全なリラクゼーション上状態でセロトニン(別名ハッピーホルモン)がたくさん分泌されます。
脳内には喜びや快感に関わるドーパミン、驚きや恐怖に関わるノルアドレナリンという神経伝達物質も分泌されます。この2つの作用をコントロールして、心を不安や緊張やストレスから保護するのがセロトニというホルモンです。
セロトニンの分泌が少ないと、疲労感や倦怠感、不眠やどうき、頭痛や頭重感などの不定愁訴(ふていしゅうそ)が続き自律神経失調症ややる気ダウンや鬱へつながる恐れがあります。頑張る事も大切ですが時には自分を癒してあげる時間も大切ですね…
しかし、リラックスしましょうと言われても、これもまた頭で考えるだけでは、一人ではどうやってリラックスしたらよいのか解らなかったり、思っているよりも難しいと感じる事も多いのです。

リラックスが必要ないと感じている人ほど実は心と身体が凝り固まっている…ってこ事も…そしてリラックスは貯金できるって知っていましたか?

ハタヨガ

スタジオJUNA ではリラックスやリストラティブを取り入れた癒し系のクラスも沢山ありますので、疲れやストレスを感じたら、自身の癒し方、身体の緩め方を体感しにお越し下さいね~(^^♪

写真: Elmar Krenkel