妊娠中の体重増加

妊娠中の体重管理で悩まされるママも多いですよね

136653
体重増加で焦ってマタニティヨガへ来ました!というママが多いです。
昔と違って現在は妊婦さんの体重増加を制限する傾向がありますよね…
確かに体重が増えすぎると妊婦さんや胎児に危険を伴ったり、産後の体型戻しに苦労したりハイリスクではあります。
ですが、ダイエットのし過ぎも胎児の成長や産まれて来た後の赤ちゃんの成長に悪影響を与えてしまいます。

 

 

 

 

では、妊娠中はいったい何キロまで増えていいの?月に何キロのペースが理想?

妊娠中の理想的な体重増加のペースは、妊娠前の体重によっても違ってきます。
目安としては
やせてる人や平均的な体系の人は 0.3~0.5kg/週 妊娠全期間で7~12kgと言われています
※肥満傾向の方は医師に相談
 

そもそも体重は何故増えるの?

 

赤ちゃん:3kg
子宮:1kg
羊水:0.5kg
胎盤:0.5kg
以上だけでも5kg増えます。

大きくなっていく胎児や胎盤の重量に加えて羊水、子宮や乳房。母体の血液量が増加、出産と授乳に向けて母体の皮下脂肪が増加するため脂肪が付きやすくなります。おなかの赤ちゃんを育むため、体重が増えるのは自然なことで、大切な事なのです。

 

体重が増えすぎるとどうなるの?

・産道にお肉がつき難産になるリスクが増える
・高血圧 (血圧が異常に上がり母体、胎児が危険になる)
・腎機能障害で蛋白尿、むくみ、高血圧が生じやすい。いわゆる妊娠中毒症に。(妊娠中毒症になると赤ちゃんに栄養がいきにくくなります)
・分娩時異常出血 (分娩時の出血が止まりにくい、産道に裂傷を生じ易い)
・過期産 (予定日を2週間過ぎても生まれない)になる可能性
・低出生体重児や新生児以上のリスクが高くなる
・帝王切開施行率が高くなる
・妊娠線が出来やすい。

※あくまでも一部の方です

では妊娠中でもダイエットは必要?

過度なダイエットは全く必要がなく、むしろストレスになり母体に良くありません。
一般的に言われている妊娠中の体重増加の危険性は一部の方にしか当てはまらず、体重がオーバーしても多くの方が自然分娩で出産されています。
そして産まれて来た赤ちゃんが成長していく過程で、肥満傾向になりやすいという研究結果も発表されています。
お母さんの過度なダイエットが及ぼす影響は責任重大ですね…

ですが、出産に向けて危険を伴う事はなるべく避けたいですよね。

では妊娠中の上手な体重管理はどうすればいいのでしょう

今必要な栄養素をしっかり取って、過度な体重増加を避けるには、適度な運動が1番です。
無理のない程度にウォーキングやお家の掃除等心がけましょう。
良質の素材や食事をいつもより少し心がけましょう。ガチガチにアレはいけない!コレもダメ!ではストレスが溜まってかえって過食になってしまいます。
お腹の赤ちゃんが育っていくには今何を食べればいいのかな?と少し考えたり、なるべくジャンクな物など控えるようにしてください。

マタニティヨガならお天気に関係なく参加できますしストレスの解消にもなります。何よりお友達と情報交換が出来るし、先輩ママに色々と現実的なアドバイスがきけますよ~是非スタジオにも遊びに来てくださいね♪

コメントをどうぞ