妊娠中・産後の体質変化

5a01c5bfd5482e22a9b5905bc26a8186_l

妊娠すると体質がいったいどんな風に変化するのでしょうか?

まず、寒がりの人も体が温かくなって体温が上がる事が多いです。これはプロゲステロンという黄体ホルモンが増える為に妊婦さんは高温期が続きます。(中期から少し下がり始め後期には安定。産後は冷えやすくなる傾向が)
そして眠気が非常に強くなったり、味覚が変わったり疲れやすかったりします。お腹の赤ちゃんが細胞分裂を繰り返しママの身体から亜鉛などのミネラルが不足して起こると言われています。
イライラしやすかったり鬱っぽくなる症状についてはマタニティブルーのBLOGをみてくださいね。

この症状は一時的なのですが、厄介なのが産後の体質変化なんです。
10か月かけて徐々に増えたエストロゲンやプロゲステロンは産後たったの2日くらいで急激に減少するのでホルモンのバランスが狂って一気にシミや抜け毛が増えたり、様々な不調を引き起こしてしまします。

そういえば…生徒さんの中で

妊娠して花粉症が治った!

って方が多いです。だけど産後ヨガに復帰してお話を聞くと断乳してからまた始まってしまったって方が多く これは、おなかの赤ちゃんを異物と判断して攻撃しないため他のアレルギー反応が治まって出にくくなっているからと考えられます。産後は元の体質に戻るだけなんですが、妊娠中や授乳中は食事に気を付けていたのに、断乳してから一気に我慢していたジャンクな物を食べたり 授乳や赤ちゃんのお世話で体内時計も狂ってストレスも多くなり腸内環境が悪化し免疫も更に落ちて一気に不調を起こしやすくなります。

もう一つ、乳腺を発育させ乳汁の分泌を促すプロラクチン(PRL)の分泌が増加します。このホルモンの影響で筋肉が緩んで、締まりのない体にどうしてもなりがちです。
だからと言って無理に身体を疲れさせたりするような運動をやみくもにしてもリカバリーできません。
マタニティヨガで適切な予防と産後ヨガで適切なリカバリーを楽しんでやりましょう♪

妊娠中の食事や産後の食事については次回のBLOGチェックしてくださいね~

コメントをどうぞ